まるのブログ

今日も陰キャラがお送りします。

【20分で読める】7/28発売のホリエモン最新著書「バカは最強の法則」を読んでみたら、案外よかった。

完読するまでにかかった時間は20分。

速い人はもっと短い時間で読めるだろう。

f:id:nagayamaruo:20170729081909j:image
漫画中心な為、文字数が少ない。

ただ、重要な事は十分に書かれている。

今回は初めての漫画化ということで、

多動力を出したばっかなのに

「どうせ同じ事が書いてあるだけだろう」というバイアスが凄かったが

読んでみると見せ方が違うとコレはコレで味があって良いなぁという初読の感想である。

本書を読むことで、ホリエモンが動画や著書で繰り返し言い続けてきた事が短時間で理解できる。ホリエモンに興味関心はあるが、本を読むのが苦手という方にはうってつけの作品だ。作画が可愛いすぎずクセが無いので、読者は老若男女問わないと思われる。

本書から得られる教訓は下記でだいたいカバーできる。
<バカは最強。どんどん行動しよう。リスク認識し、大胆に動ける小心者になろう。情報は自分の目で見極めよう。お金は信用を数値化したものなので信用を手に入れよう。そのためにギブ&ギブ&ギブしよう。人間関係の好き嫌いをはっきりさせよう。自分の限界を自分で決めず、なんでも大胆に挑戦しよう。>

個人的には、会社によくいる無能上司が主人公の上司として良い感じにまんま描かれていた所が面白かった。
ただ、
・ウシジマ君の漫画切り取りページの必要性を感じない
・最後の終わり方が雑
上記2点が気になったので

Amazonレビューは星4とした。
最後はマジで突然終わる。。

効率重視の方や、積読派の方は購入せずに本レビューを読めば十分であろう。
本に対してそういう考えの持ち主は、読んでもすぐに忘れてしまうのだから.....。