まるのブログ

マッチングアプリのプロ。文章のプロ。,,,投資のプロ。にもなる。

YouTube勉強というソリューション。

僕は仕事で毎日3時間ぐらい運転をする。

今の会社に入り、1人で客先を回り始めて1年ぐらいはずーっと車の中で大好きなback numberの音楽をかけていた。

結果、back numberの曲はカラオケで歌詞を見なくてもほぼ歌えるようになった。

 

今となっては懐かしいが、その頃にmixiが盛り上がっていて、オフ会も盛んに行われている世の中だったら。

back numberオフ会みたいなものがあれば、その状態は役に立ったのかもしれない。

ただ、平成末期の時代には役に立つはずが無かった。

 

どうしよう。他にやる事ねーよ。

僕は途方に暮れたが、そのタイミングでAmazonが自社タブレットFireの大安売りを始めた。

「これが有れば何かが変わるかもしれない」

 

ちょうどその時はYouTubeの動画コンテンツが加速度的に進化してきているタイミングだった。どんな分野にもその道のYOUTUBERが存在していて、再生回数で成果を出してきていた。

 

ひたすらback numberを聴いて車の中で熱唱して喉を枯らす時間を、色んな人の話を聞いて何かを学んだり考えたりしてみてはどうか。

すぐにタブレットを購入し、毎日3時間ほどYouTubeで知識を増やしていく日々が始まった。

 

とにかく、聴く、聞く、聴く。

f:id:nagayamaruo:20190912073450p:image

これはすごい。

これまでは自分の興味ある分野の本を買って余暇の時間に読んで吸収していたが、大人になって毎日3時間の勉強が積み重なると段違いだった。

 

具体的な例で申し上げよう。

2017年の12月。

この頃、空前の仮想通貨ブームが起こった。

最初は訳も分からず5万円だけビットコインを買ったが、なにが何だか分からない。

 

買った日から、1週間ほど仮想通貨に関する動画を見続けた。

「ポジションを取れ」落合陽一の言葉の意味が分かった。これは仮想通貨を買ったからこその行動で、買わなかったら絶対にやっていない。

観まくり、結果的には、どこに行っても「仮想通貨について1番詳しい人」になった。知識を持ってしての仮想通貨界隈の人達との絡みは本当に楽しかったし、それはYouTube勉強での成功体験となった。

もし知識が無ければ、リップルが400円(現在27円)、ビットコインが220万円(現在109万円)の時にアコムで金を借りて全力買いしていたかもしれないと考えると恐ろしい。

 

何度でも言おう。

YouTubeでの動画勉強は素晴らしい。

昭和の時代はAという答えを得るためにC→B→Aという道を通らなければならなかったかもしれない。

今は違う。

令和時代はいきなりAに辿り着けるのだ。

 

ただ、あくまでYouTubeは無料コンテンツなので情報の精査は必要である。沢山のAを得ると、今まで見えて来なかったαや意味不明だったβに面白さを感じたりもする。その上で自分に落とし込む事が最も大切だ。

 

精査といえば、こんな事もあった。

2019は僕にとっては実は美容元年。

美容、特に スキンケアについて沢山調べた。

多くの動画を拝見していくと、

「化粧水不要説」と出会った。

賛成派と反対派の意見どちらの動画も観まくったが、結果はどちらとも言えず。

僕が一番しっくりきた答えは

「これがいい!なんて万人に使える決まったものは存在せず、スキンケアは自分の体質に合う方法を自分で見つけ出さなければならない途方も無い作業」

というものだった。

 

そもそも、男性と女性は皮脂量が数倍違っている。皮脂量はもちろん男のが多いという性差がある中で、化粧水は不必要と強く言う男のYOUTUBERは滑稽に見えた。

色んな人の美容動画を観て分かった事は、

美容系YOUTUBERは

やたらに色が白いイケメン

オカマしかいない事ぐらいだ。

 

一見失敗談のようであるが、美容周りの知識は少しは増える。ただ1つの動画だけを観て断定的で一面的な考え方にならなかった事の成功例と言えるかもしれない。

大人の勉強は、なにも高校生のような5教科7科目である必要はない。

勉学だけではなく、

アウトドアが気になるならキャンプの動画で基本を学ぶのも良し

節約と健康の為に自炊をしたいのなら料理動画をみて料理をやってみるのも良し

毎日を彩る為の実用的な知識を勉強と言っても良いと思う。実用的な知識ほど、すぐに効果が現れてモチベーションを保てるだろう。

 

そんな訳で、今日も僕は観る。

今は中田敦彦YouTube大学がアツイ。(仕事しろ

 

大体そんな感じです。

Tinder(ティンダー)で若い女の苦悩を感じてみた。

ヒマだった。それはとてもとても。

YouTubeで「独身の限界」という動画を出した。結婚したいという意味ではない。

ただ、無尽蔵に爆発的にヒマなのだ。

まだ体は動くけど、20代のようなノリも元気も無い。そんな僕に3週連続で土日予定ナシという現実はふりかかる。

 

人間はヒマだとロクな事を考えない。

学生時代に読んだ伊坂幸太郎の本に書いてあった。

「退屈は人を発狂させる。」

いつだって世間を賑わす事件を起こすのは無職の暇人だ。

 

というわけで

出会いヤリモクアプリTinder(ティンダー)

に20歳の女として登録してみた。

 

僕は5年前からティンダーを使っている。

無限に右スワイプが出来る

『ティンダープラス』

相手からきたいいねを確認できる

『ティンダーゴールド』

 

余裕でどちらも契約済みだ。

これについては先行者利益と言えよう。

2つ合わせて月550円しかかからない。

いま新規で契約すると月3000円弱かかる。

つまりだ。

如何様にでもできる最強の女アカを作成可。

 

さて、、写真をどうするか。

ぐらむ!!!Instagram!!!!

美人過ぎず、ブスでもないその辺にいそうな量産型ノーマル若い女を探す事に。

なんでかって??リアルさが大事だからね!!!

 

位置情報で「東京サマーランド」を検索。

男の好きそうな水着写真から辿り、サンプルは簡単に見つかった。

プロフィール文は適当に移住地と職業を記載した。

 

すると、だ。

くるわくるわ。いいねの嵐。

1時間で2000いいね。

こちらからいいねすれば、ほぼマッチング。

 

「こんにちは」

「マッチありがとうございます。良ければお話しましょ」

「今日会える?」「飲み行こ」

大体これだ。なんか他の切り口ないのー?

男は全然マッチしないから、必死である。

そもそも男女比がおかしいからね。

ほぼ男子校みたいなもん。

 

こちらが少しでも好意的なメッセージをすれば、話はどんどん進んでいく。

「今夜、泊まれる?」「家いこうか?」

「ホテル予約しとくね!」

「19時に池袋でどう?」

なんだか知らんが勝手に盛り上がっている。

こちらは「うん」と「いいよ」しか言っていない。

f:id:nagayamaruo:20190907174516j:image

300人以上からのメッセージ、3000いいね

が溜まった所でアカウント削除した。

実害が出ないようにね。

さすがに約束の2時間以上前に消えたら、バカな猿でも察するだろう。

 

◼️学び◼️

・ティンダーにいる若い女は猿のような男からの誘いにうんざりしている

・言い寄ってくる男はいくらでもいるから、差別化できてないゴミと会う事なんてまず無い

・殆どの男の写真・プロフィール文には工夫が全く無い

 

いや、ゴメン。ぜんぶ知ってた😉😉😉

 

ゆーてまあまあ面白かった。

サンキューな猿!!

酒でも買いに行くか、、

大体そんな感じです。

 

美人過ぎず、ブスでもないその辺にいそうな量産型ノーマル若い女と出会いたいならタップルがオススメですわよ【R18】

ダウンロードは下記↓↓↓

https://c1.cir.io/grkc0u

無職になってみたい。

と思う。

仕事が嫌で辞めたいとかでもない。

なーんか、ぼーっとしてーなーと。

過去2回ほど数ヶ月そういう時があったけど、それぞれ其の期間は僕に意味を与えてくれた。

次の無職はいつだろう。絶対に来るその時は。

 

仕事を辞めて、ブログやYouTubeSNSをちゃんとすればバズる???

とか思っていそうで思ってない。

ただ、比較的身体が動くうちに人生の休みをとってもいいんじゃないかと思ったりもする。

 

やりたい事??

そんなもの、自分の頭で考えられる遊びは全て飽きるぐらいにやってしまった。

やった結果、「ああきっとそれは楽しくて素敵なものなのだろう」という期待感は消えた。

どれもこれも楽しかったけどね。

 

30代になって、毎日の色々な事に対する向き合い方がはっきりしてきた。

好きな事しかやらないし、「やりたくない事をやらないようにするやり方」も分かっているつもりぐらいにはなっている。

 

なにをやればいいんだ、、??

と思うより

●●をやらなければ嫌な思いをする事もストレスを抱える事もない

と思う事のが増えたりする。

 

これがホリエモンの言う小利口なのか。

この頃の僕は、良くも悪くも何も熱狂していなく熱量もなく偏っても批判的でもなく。

ニュートラルな状態なのかなーと思っている所存ですよん。

 

そんな感じで、今日はマッチングアプリの話じゃないけど。てかマッチングアプリはいまやってないんだけども。

日々をどう彩るか考えておりまする。

 

大体そんな感じです。

全然関係ないけど、今日の昼メシ。

f:id:nagayamaruo:20190905191316j:image

マッチングアプリにいた29歳CAと会ってみたら『凪』という技を覚えて成長した気がしたよ!!の巻。

今日はマッチングアプリにて知り合ったCAとのお話でもしようではないか。
メッセージ交換にてカフェでお話しましょう^^
とアポ。

合流。
会った瞬間にお互い「なんか違う」空気が流れる。

マズイ。いや、せっかくなんだし少しは頑張ろう。
メッセージのやり取りを交えた適当な雑談をする。
「職場はどの辺り?」『都内』
「どんな仕事してるの」『総務』

全ての回答がそっけない。視線が合わない。
質問の仕方に問題があるのか、一問一答形式である。

 

これはあるあるだ。出会いアプリを使った事のある殿方なら一度は経験のある状態だろう。
その後も色々と話題をふってみるが、全く盛り上がらない。この状況で、目の前を歩いている見知らぬ若い女の子に「すいませんアポが盛り上がらないので話しかけてしまいました」とナンパした方が盛り上がるのではなかろうか。

 

困った、、、、。非常に帰りたい。
(貴女は休みの日に僕と楽しくお茶する為にわざわざ身支度をして都心まで出てきてくれたのでは無かったのかね!!!!)

 

人はイラついてくると相手の悪い所が目についてくる。

見た目は詐欺ではないが、写真ほど可愛くはない。というか好みでない。アプリでいいね数1000超えていたし、他に男はいくらでもいるのだろう。ただ僕はそのトーナメント戦で初戦負けしたゴミなのだ。

 

、、。
悲観的になる前にこの場をなんとかしなければ。
この女。
天然なのか、何も考えていないのか、、、
オーラが絶妙に絡みづらい。
カフェは並んでいたが、すぐ入れそうだったので椅子に並ぶ。
「....。」「....。」
「ロシア料理!」
女は急に発した。なぜか笑顔だ。
僕らの並んでいたカフェの前にはロシア料理店があった。


そうか......!!!!!

この子はものすごく自分の世界を生きている。

僕からの話題など待ってはいない。喋りたい時に喋りたい事を喋る。それ以外は興味が無い。
この子はそうやって生きてきたのだろう。
なんでかって?美人だから?
みんなが優しくしてくれたから??

 

店内に案内された。
「....。」「....。」
これだ。これでいい。気まずいのではない。
ここでいつもの様に調子良く喋ってはダメだ。
一旦落ち着こう。

 

凪。

 

女『あのさ』
これが1つの答えだったのか。
水面から波紋が消えた時、一石を投じたくなる性格なのかもしれない。

『うん^ - ^??』
口角を意識し、優しい感じで応じてみた。
話題提起は任せてしまおう。
すると今までがウソだったかの様に語り出す。

 

この後の予定の話。仕事の話。
アプリにいたやばい男の話。休日の過ごし方。

なぜアプリに登録したかというと、年末年始に実家に帰った時に「彼氏はいつ連れてくるの?」「結婚まだなの?」「孫はいつなの?」攻撃を親戚中から受けて、触発されたからとのこと。

 

そこから自分の相手に求める理想の話。
学歴は大卒以上。同世代。
高めの年収。(僕のアプリでの年収は600-800万円に設定しているが、これは実際の年収から2ランク引き上げたらいいね数が増えるかどうかの実験中である事は決してバレてはならない。)

 

と、ここで本日初の質問。
『どういう女性が理想なの^^??? 』
「えっ、なんかそういうのって感覚的なものだし難しくない( ᷇࿀ ᷆ )??」
『じゃあ、データ的には^^??』

 

データってなんですか( ᷇࿀ ᷆ )
ゴメン。ここまでは少し難解なゲームを攻略するモチベで頑張れたけど、
既にウルトラ帰りたいです( ᷇࿀ ᷆ )

 

女の言う「理想のタイプは?」は回答が自分に当てはまるかの確認作業である。
適当に当たらずしも遠からずな応えをしつつ、雑談を混ぜつつ、雑談に移す作戦を実行。
なんとか間をもたせる。
長い。永遠に共に。

 

ー。
「そろそろ時間だよね??いこっか!!」
僕はバレないように小躍りをした。
(ようやく自由の身!!!!)

終了。リピート無し確定。
「ありがとう楽しかった!!(るーるるん♫)」と向こうからメッセージが来た頃には僕のHPはゼロになっていたのだった。

 

【プロファイリング】
・無趣味
・同性の友達いなそう
・おっさんウケ良いアピール過多
・自分を美人だと思っていてプライド高い

非常に疲れた2時間だった。
人は短時間でここまで他人を疲れさせる事ができるのか。
きっと頭も良いし、見た目だって悪くない。
しかも男の大好きなCAという称号持ち。
普通にしてれば、20代半ばでまあまあの金持ちと結婚して、特に可愛くもない赤ちゃんの動画を毎日のようにストーリーズに上げるような位置にいるはずなのに、僕の目の前に現れたという事は。
、、そういう事なのだ。

 

翌日。
今日は楽しい。仲良い男4人で飲みだ。
活きの良い酒の肴もある。
「ハイ今から昨日のCA子に年収カミングアウトLINE送りまーす^^」
「イケイケー!返事はやくー!!」
「きたっ!既読になりました!」
「はよぅはよぅ写真もっかい見せてー!」
大盛り上がりだ。

明らかに、この為の昨日だった。


【完】

36歳/医療関係の女が犯した決定的なミス。

ティンダー。

言わずと知れたマッチングアプリである。

無料でも使えることから、若い男女に大人気だ。


が、僕はもう30歳。

年齢スクリーニングを18-25歳とかにしていたのではなかなかマッチングしない。なぜなら、大抵の若い女は20代でくくっている為だ。

 

18-36歳に視野を広げてみた。

そして!

僕は1人の女とマッチングした。

 

みぽち(36歳)←仮名


いきなり最長老である。

てか名前wwww

きっとミホさん。

プロフ文書はナシ。

写真は1枚のみ。

加工された写真を凝視。


みぽち....。


ショートカット

カラコン

年の割に濃い茶髪

 


うーん

悪くはないが...

みぽち....。


《36歳という爆発的なハンデを背負ってはいるが、ネタ欲しいし絡んでみよう》


「こんにちは!マッチングありがとうございます!えっ?本当に36歳なんですか!?!??全然みえないです!お仕事はピラティス講師とかですか??」


ハイテンションで絡んでみた。

みぽち...。

 


30歳を超えた女は男よりもさらに加速度的にマッチングしなくなる。

しかもみぽちは30代後半である。

マッチングなどほぼ無いか、二言目に「優勝しましょう!LINE交換しない?」と言ってくる奴にしか相手にされてないだろう。


というわけで、のっけから質問攻めでいってみることにしたのである。


速攻で返信。

「いえいえ、普通の肌カサカサのおばさんですよ。笑しかもピラティスやったことないです。笑笑  医療関係の仕事してます^ ^  どんなお仕事されてますか??」


みぽち...。


思った通り、食いつき良好。

適当に答えて恋愛トークに入ると、今までされたことの無い質問をされる。


「結婚はしてないんですか?」


30代になると結婚しているかどうかを疑われるらしい。確かに、僕の同級生はけっこう結婚している。女共のFacebookプロフ画像はもれなく赤ちゃんだ。

僕は赤ちゃんと友達になった覚えはない!!!


30代に足を踏み入れて2ヶ月弱ほどしか経っていないが、既婚を疑われるというのは大きな変化なのかもしれない。


30代の恋愛は常に不倫と隣り合わせなのだ。


いくつかメッセージ交換後、LINE移行。

「ぜひご飯でも」となったわけであるが、なにせ写真が少なすぎる。こっちが持っているのは加工写真1枚に過ぎない。


という訳で、お互い3枚ずつ写真を送り合うことに。

この写真に非常に問題があり、今回この記事を書く事を決意したと先に申し上げておこう。


みぽち...


[写真その1]

【友達とシャンパン片手にキメ顔】

ティンダープロフ画と差異なし。


[写真その2]

【動物園でカピバラさんと2ショット】

ここでベールが剥がされる。

カピバラの可愛さでカバーできるとでも思ったのか。加工がされていない。

油断と慢心は大きなミスを生む。

結果、絶妙に可愛く無い。斜め前から撮影されている為、真の身体のラインが判明し、デブ疑いも出てきた。


[写真その3]

【カフェで友達と2ショット】

これが問題の写真である。

内容的には普通だが、問題はそこではない。


事故が起こった。

それもとんでもない。


アナタはLINEで相手に写真を送る時、

どうやって送るだろうか?


普通、写真を送るにはトーク画面左下の「+」をタップしてスマホのデータフォルダから画像を選択する。


なんにも難しくない。

どんなにおバカな中学生だって難無くそうしている。


だから通常起こるハズがないんだ。


こんな事故。こんな。。


みぽち............。


なんと、この女。

データフォルダで送りたい画像を決めて、それをスクショして送ってきたのである。


一見、問題無いような気がするが、

すさまじい大事故である。


iPhoneで写真をみていると、その前後15枚ぐらいの写真が小さいサムネイルで表示される。

それらがすべて見える状態でスクショしてきたのだ。

↓↓こういう状態である

f:id:nagayamaruo:20190620070927p:image
向こうは1枚の画像を送ったつもりだろうが、15枚の画像が来たのである。

もちろん僕に送るどころか誰にもみせるつもりの無い画像だ。


【寝起きスッピンのまじBBAな写真】

なにを思って撮ったのか。


【明らかに男女の関係な男との2ショット】

めっちゃ女の顔してる。


そして残りの10枚は

すべて自撮り。すべて加工済み。


みぽち.....。


アヒル口でパシャリ

ウインクしてパシャリ

髪のセットが上手くいったからパシャリ

 

ねえねえ。

人ってこんなに自撮りするものなの?

 

みぽち....。

 

独身36歳女。

僕の中での1つの《均衡》が圧倒的に崩れた瞬間だった。

 

爆笑。

大爆笑。

 


親友の入門者にすぐ転送。

2人で大爆笑。

「なんでコイツ毎日自撮りしてんのwwwwwwデータフォルダ自撮りしかないやんwwwなんなんコイツwwwもうダメだww東京コワいwwww」

 


時に出会いは笑いを生む。

笑いでお腹いっぱいになったので食事は中止。

世の中、色んな人がいるものである。


ちなみに元カレなのかセフレなのか分からんが、一緒に写ってた男は個人投資家BNFにソックリだった。

f:id:nagayamaruo:20190620071002j:image
【終】