まるのブログ

今日も陰キャラがお送りします。

年始のゴミ。

今日、僕はとんでもなくレベルの低い女と会った。事の発端は1/3の夕方に友達に会いに大阪行くけど、「夜はヒマだからティンダーで女探して飲めば面白いんじゃね?」という突発的思い付きだった。

驚くほど簡単に女は捕まり、LINEも交換して会う事になった。写真で見る限り、なかなかの美人だ。既婚や美人局やネットワークビジネスを疑って確認したが、そのどれでもないらしい。

慣れない大阪の街でのアポ。適当な場所で落ち合い、店に入って飲み交わした。様子をまとめると下記の通りである。

・基本的にマイナスな話しかしない。大きくは2点で職場の人の悪口と過去の男の悪口。

・こちらへの質問は全く無い。

・当然のごとく、写真と全然ちがう

・我が強すぎる。自分の言う事はすべて正しいと思っている。しかし話の内容は矛盾だらけで、勢いで通そうとしてくる。総括すると、頭が悪い。

 

おわた(   ᷇࿀ ᷆  )

 

突発で会える女なんてこんなもん

というのが落とし所なのかなと。

しかしだ。僕はすべてはゼロサムゲームだと信じている。良い女と出会う為にはクソ女とも面談しなくてはならない。向こうの立場に立って考えてみれば、さして良い男でもないやつに突発的に誘われて応じてたあげくに2000円も払ったのだ。ものすごく嫌そうに夏目漱石を差し出すあの顔はとても面白かったではないか。

 

僕は帰路についた。アプリを開くと、美人で性格良さそうな子から好意的なメッセージが入っていた。

ほうら。捨てたもんじゃない。